スポンサーサイト

Posted by チャノスケ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する乙女と守護の楯 感想

Posted by チャノスケ on   0  0

共通ルートが長く、個人ルートが短いから割りとあっさり終わりました。

個人ルートに入って、さあここから盛り上がる所を駆け足で終わらせてしまった感じです。

だからちょっと消化不良気味(;-ω-)

しかし、全体的には大満足です。


以降ネタバレ有り

好きなヒロイン順

(攻略前) 有里→蓮→鞠奈→設子→雪乃

(攻略後) 有里→設子→雪乃→蓮→鞠奈

共通ルートが長く感じましたが、後半ダレることはなかったです。
日常とシリアスのバランスが調度良く、テンポも良い。

だからこそせっかくここまで頑張ったのに個人ルートが短いとガックリきちゃう。


sCapD20140909_1.jpg
春日崎 雪乃

蓮、鞠奈の中では雪乃のシナリオが一番楽しめました。
雪乃以外のシナリオが少し物足りな…。

蓮、鞠奈ルートだと優の株がグングン上がる上がる…。


ひだり みぎ
穂村 有里

あーもう有里が可愛い!!!

修史と同様にエージェントとして潜入している子。商売敵であるはずなのに献身的にサポートに徹する。
私にはこの子がメインヒロインにしか見えない…(泣)

お嬢様学校の中で貴重な庶民代表の子。
実年齢的にも「同級生」と近い存在。
裏表なく、飾り気のない性格。

それと唯一最初から修史を男と知っていた子です。
修史の前で女の子らしい反応するのが可愛くて…。
お風呂とかで真っ当な反応したり、修史の仕事を気にかけてくれたり…。

有理ルート以外では修史を慕う気持ちを抑えて、サポートに専念しています。
「減俸された…」と呟いていましたし、他ルートだと本当に会社からクビにされているかもしれません…。
ある意味報われない子なのですが、有里ルートではそれを晴らさんばかりに修史とイチャイチャしてますw

というか、恋愛にうつつを抜かして仕事に支障が出てるよ修史くん。

同業者同士なんだから、仕事と恋愛は割り切ってほしかった。
有里ルートの修史が正直情けなくて…。

期待していただけに不満も出るけど、それでも有里が可愛かったからまあいいや!
廊下でのキスシーンは一番のお気に入りです。

あーもう有里可愛い!!




ひだり みぎ

真田 設子

設子が怪しいと薄々感づいてはいましたけど…前半と後半で180度変わるとはね。
本来の設子に慣れるまで少し時間かかりましたw

設子の正体バレてからの攻防戦はなかなか楽しめました。
殺し合いの殺伐とした雰囲気ではなくて、ほのぼのとした感じが和みます。

設子の生い立ちを考えると一筋縄で攻略できる子ではありません。難攻不落です。
そんな設子さまを一晩で落とせるわけないダロー!
そこはもう少し時間かけて心に寄り添うべきだった。

(個人ルートを端折っているせいか、基本的にヒロインたちの心情変化に納得いかない場面が多い)

もう少し掘り下げてくれれば楽しめたのになーもったいない。
それでも最後の説子の台詞で「修史が私を守る楯になるというなら…私もお前を守る楯になろう」は良かった。
これ主題歌の歌詞とリンクしているんですよね。

最終的に2人は「アイギスの双楯」と呼ばれるようなり、護衛任務をしながら学院生活を送っていく…。
エピローグでは設子が断トツで好きです。
後日談もっと見たいな。


ネガティブなことばかり書き並べたように思いますけど、この作品好きですよ。好きなんです!
好きが故に粗い部分が際立って見えてしまう。
材料は揃っているのに活かしきれなかったなあ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nmru.blog.fc2.com/tb.php/119-f1cce90f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。